〔たくと・ぽろん 49〕 「愛サン」のこと

“ドッ、ドガァ~ン…ブア~ン、パラパラーン、ガラガラ、ザーア…

【幸福道15】幸運を呼ぶ

 成功する人は“努力の2倍も幸運に恵まれている”と言う説があるかと思えば、“大成功の裏には、すごい努力、数えきれない位の失敗の積み重ねがある”とも言われます。 ノーベル賞受賞者では“偶然、幸運な発見があった”と語る人が多いように思います。勿論、長期に亘る寝食を忘れての研究が、そのような偶然=幸運を呼び込んだ事も事実でしょう。

10月 ハーモニー(616号)

全日本学生ギターフェスティバル開催! ギターアンサンブル「湘弦」デビューリサイタルのご案内

8月 ハーモニー(615)号

特集 生涯のバートナー(ギター)を探そう   自分に合ったギターを探すノウハウ

【幸福道14】再生は幸福道で

 20世紀の人災(戦争)による死者数は6600万人で、これは地球を傷めつけ、人々の心の不幸も非常に招きました。 このような事態からの再生のカギは、世界の人々が「地球は一家」の意識をもっと強く持

6月 ハーモニー(614)号

特集 国際新堀芸術学院紹介

【幸福道13】幸福道を探ろう

 良い事の逆は、悪い事。悪い事の逆は、良い事。 本項は、悪い事も確認して、その逆から幸福道を探ろうというお話です。 2021年3月21日のテレビニュースで、“日本の自死者は11年ぶりに再び2万人を超えた”との事。特に若い女性が目立つという事は、根に非常に良くないものを感じます。現在コロナ蔓延は世界中ですし、地球全体の

【幸福道12】セゴビアトーンこそ幸せを呼ぶ2

 心を癒し楽しませてくれる音楽。以前、音楽は神様に捧げるものとして発展していったというお話をしました。日本の雅楽もそうですし、そして西洋の音楽(ドレミファ)はキリスト教=教会によって育まれ発展してきました。 17~18世紀、バロック音楽時代の作曲者としてアントニオ・ヴィヴァルディ(1678年誕生-1741年没)、ヨハン・セバスチャン・バッハ

no image

【幸福道11 】セゴビアトーンこそ幸せを呼ぶ

 今、2021年を迎えた時に、20世紀で人類が残した最高の遺産の中で、やはり“セゴビアトーンが最も輝いている”と断言できるのです。 それ程“美しい!!” これを上回るものは他にありません。 どんな言葉でも表わせません。 ただただ、それを聴いた人達は皆“幸せ”いっぱいに包まれるでしょう。 言葉で言ってしまえば簡

【幸福道10】幸福道は時空の縦軸に

 神奈川新聞(2020年9月4日 朝刊)に、ユニセフが先進国と新興国、合わせて38ヵ国に住む子供の幸福度を調査した結果が掲載されました。日本の子供の幸福度は38ヵ国中、何位だったと読者の皆さんは思いますか? なんと37位、ほぼ最下位でした。ご両親、学校の先生、進学担当の先生、国のリーダーの政治家の皆さん、この結果をどのように捉え、また今後ど